2010年05月24日

若葉

   わかば1.JPG   わかば2.JPG

猫22日に葵句会の5月例会を終え6月初めの日高の句会までのこの1週間が時間的にも気分的にも一番ゆっくりします。
6月の兼題は両句会とも若葉なので雨上がりの午後久しぶりに駐車場の空き地を見に行きました。
葉のない侘助が花を咲かせていたのに感動し投稿して以来です。
そして、今日又その侘助に素晴しい感動をもらいました。
この感動をどうことばに表したらよいのでしょう?
生きていることの素晴しさ、永らえることの大切さ。
ことばではとても言い尽せない侘助の姿をカメラに収めました。
虫に葉を一枚残らず喰い尽され、枯死するしか術がないと思っていた侘助の今日の姿です。
裸同然だった枝に柔らかな瑞々しい葉が一杯に広がってまるで若木のように再生しています。
もし、この侘助が人の目にふれる庭にあったら、再生の姿を見るまでに伐採されてしまっていたことでしょう。
人の手ではなく自然の手に委ねられたからこそこの再生した姿があるのだと思います。
自然の治癒力と懐の深さに改めて畏敬の念を禁じえません。
それと同時に人がなす行為への疑問も湧いてきます。
浅学素人の私には専門的なことは全く分かりませんが今日本国中を揺るがしている口蹄疫による感染で処分される家畜のいのち。(処分ということばにも抵抗を感じます)
そのニュースが流れる度に耳を覆いたくなるような日々ですが人がいのちを支配することが果たして許されるのかという思いが頭から離れません。
万物のいのちを支配できるのは自然のみではないでしょうか?
侘助の再生した姿を見ながらその思いがますます強くなってゆきます。


   伐らるるを免れけふの若葉かな
posted by あいちゃん at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。