2006年09月05日

アロエ

     アロエ(28).JPG    アロエむくげ(28).JPG

猫お昼時、店が忙しくて焼きそばの鉄板で指に火傷をしてしまいました。水を使っている間は痛みが紛れていましたがかたずけが済むと同時にヒリヒリ疼き始めました。応急処置に植木鉢のアロエを塗りしばらくすると火傷の赤みが薄れ痛みも治まってきました。アロエは医者いらずともいわれ特に火傷には良いとされています。そのことを実感すると同時に化学薬品や新薬がなっかた頃の人々の知恵を思いました。かって人々は自然界で様々な体験を通し知恵を蓄え身につけてきました。体験から生み出された知恵は学校教育により教えられただけの知識より深く柔軟性があるような気がします。大災害により町が廃墟と化した時何が役立つかを考えると利便性のみを追求している今の世の中はとても脆いように感じられます。何事も体験することが少なくなった現在もう一度しっかりと自分の足で立つ努力をしてみたいと思います。今咲き次いでいる花木槿も昔から薬用として利用されていました。黒ハート


    いにしえの知恵のあまたや花むくげ
posted by あいちゃん at 21:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に『アロエ』には、随分と世話になっています。
貧乏育ちの私には、天然のお医者様でした。
Posted by きっさん at 2006年09月07日 20:18
コメント有難う御座います。
Posted by あいちゃん at 2006年09月08日 22:25
アロエは医者いらずと言うが、塗り薬やヒゲ剃り後の化粧水やダイエット飲料薬として使う為、アロエをミキサーで純度100%アロエ水を制作した。
Posted by 智太郎 at 2012年06月01日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。